ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
医療秘書

医療秘書

高齢化の進行に伴い、長寿大国となった日本の医療分野は進化を続け、それとともに医療従事者も最新の知識が求められ、多忙を極めています。医療機関において忙しく動き回っているのは現場で働いている医師や看護師などの従事者だけではなく、医師や看護師たちが動きやすいように調整・管理を行っている人たちもいるのです。その人たちのことを医療秘書(メディカル・セクレタリー)といいます。

2種の業務をこなす医療秘書 〜 業務内容 〜

医療秘書には医師のスケジュール調整を行う秘書業務と、看護師が忙しいために業務に支障が出ないようにと医療秘書が変わりに行う病棟業務があります。看護師の代わりに雑務等の病棟業務を行ってくれる人を病棟クラークと言います。そのほかにも医療秘書は一般事務をはじめ、保険請求事務や情報管理等を行っています。

専門性のある医療秘書と業務

医療秘書も医療事務と業務内容は同じく、診療報酬に関する請求業務(これをレセプト業務といいます)を主に行っているのですが、総合病院や大学病院などの大きい病院に至ってはレセプト業務に加え、学会や出張に忙しい院長や医師、看護師長の補助として秘書業務を行います。

秘書業務には院長秘書と医局秘書とがありますが、業務内容としては変わらず、医局会議の準備、資料の整理・管理、ファイリング、医局医や院長のスケジュールの調整・管理、書類の作成などです。また秘書業務を行う人は医療事務での業務知識だけでなく、医療知識やパソコンに対する技術なども持っていなければなりません。病院の事務等で書類整理に追われるだけでなく、患者と接することもある医療秘書にとっては医学に関する知識も重要となります。

医療事務

医療事務は秘書業務などを行うことは無いですが、レセプト業務や資料・書類の整理・管理、情報の管理などを行ってくれています。各診療科によって事務内容は異なり、専門的な事務作業が要されます。診療報酬は患者によって1割負担や3割負担と割合が変わってくるので、国や健康保険組合などへの請求金額の算出など専門知識が重要となります。

病棟クラーク(メディカルクラーク)

ナースステーションにて電話対応やカルテ・伝票の病棟に入院している患者の書類管理、新規入院患者や退院患者の受付、レポートの整理、面会希望の人の案内などを専門に行っています。医師や看護師が病棟における患者に対して、充実した医療・看護を提供できるようにするには重要な位置づけとなるのが病棟クラークと言えるでしょう。

医療秘書技能検定 〜 医療秘書になる!

医療秘書技能検定では特別必要とする受験資格がなく、年齢・性別問わず受験することができます。試験内容は記述方式(筆記試験)で行われ、医療秘書実務、医療機関組織運営、医学・医療知識、医療事務があり、1級準/1級/2級/3級のそれぞれを受験することができます。

独学での受験は可能ですが、医療秘書または医療事務として従事するのであれば、自力で学ぶには限界のある独学よりも、やはり専門学校等を卒業し、専門知識をしっかり学ぶことをお薦めします。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他

関連リンク