ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
社会福祉主事

社会福祉主事

福祉における法律の中には福祉六法という法律があり、その法律は老人福祉法、母子寡婦福祉法、生活保護法、知的障害者福祉法、児童福祉法、身体障害者福祉法という6つの法律を総称したものです。社会福祉主事はこの福祉六法に従い、従事する行政機関の中で、必要な保護や援助の相談に応じ、助言や指導を行います。また、この資格は任用資格と呼ばれるもので、公務員として従事したときに初めて社会福祉主事と名乗れます。
社会福祉主事に適用されている「任用資格」とは、事業所等において公務員として採用され、特定の職務に就くときに必要とされる資格のことを言います。また任用されてやっとその資格を名乗ることができます。その他には児童相談員、児童福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事、精神保健福祉相談員など多くが任用資格とされています。

社会福祉士との違いはなにか?

社会福祉主事の配置は都道府県、市町村にある福祉事業所などのケースワーカーとして行われています。社会福祉主事は任用されて初めて使用できる任用資格であり、市町村などの自治体に存在する社会福祉事業所などで福祉に関するさまざまな分野の相談・面接・家庭訪問・援助・アドバイスを行います。

また社会福祉士は厚生労働大臣に認定された国家資格であり、障害度の重い要介護者、またはその家族の介護・福祉に関する相談に対し、指導や相談に応じます。このような違いがあるので、社会福祉主事任用資格を所持していても、専門知識として学んできた時間や内容の質が明らかに違うので、社会福祉士と名乗ることはできません。

また社会福祉法において社会福祉士は社会福祉主事も取得しているのと同じと規定されていますが、だからといって社会福祉主事が社会福祉士ではありませんのでご注意ください。

主事取得 〜 必要なのは3科目?

社会福祉主事任用資格の取得には厚生労働大臣が指定する34科目のうち3科目以上を取得しなければなりませんが、受験などの資格試験はなく、厚生労働大臣の指定する課程を修めた人が取得することができます。

社会福祉主事を取得するには大学において厚生労働大臣に指定されている社会福祉に関する履修科目を3科目修める必要があります。その他には厚生労働大臣により指定された養成学校等にて基礎となる講習会を修了した人や、厚生労働大臣が指定する社会福祉事業従事者試験に合格した人が主事任用資格を取得することができますが、社会福祉事業従事者試験は現在行っていないこととなっております。

大学において3科目の履修を修めた人は3科目主事と呼ばれていますが、人によって取得した科目が違います。ですが取得した資格内容として違いはないので、ケースワーカーとしての採用が決まれば社会福祉主事の資格を使い、活動をすることができます。科目は福祉系科目、社会系科目、その他の関連する科目があり、全34科目から選択することができます。

通信教育学校の増加 〜 忙しい人のための取得

前までは通信教育での取得を行っていた大学も少なかったのですが、今では多くの大学や短大でも通信教育による、社会福祉主事任用資格が取得可能となっていますので、取得を考えている方で時間的な都合で授業に参加できないという人は通信教育を考えてみられてはいかがでしょうか?

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他