ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
ホームヘルパー

ホームヘルパー

在宅での介護を必要としている人などには介護保険サービスを使い、このホームヘルパーを利用している人も多いのではないでしょうか。ホームヘルパーとは高齢者や障害度の高い人たちに対し、身体の自由が利かないため一人では行いづらい入浴や排泄、身の回りの援助を行ってくれています。

訪問介護員になる 〜 研修による資格取得 〜

皆さんの耳に馴染んでいるのは「ホームヘルパー」という呼称ではないでしょうか? ホームヘルパーの正式名称は「訪問介護員」と言って、修業課程を修めた人が都道府県知事により、他の人の介護をすることを認められた資格です。ホームヘルパーには1級〜3級があり、多くの人は2級からの取得が常となっており、3級の取得試験を行っている事業はあまりないと思われます。資格取得の対象となる人は下記のとおりとなっています。

訪問介護員養成研修

ホームヘルパー各1〜3級課程にて行われる研修をいいます。

1級課程

ヘルパー2級の資格を所持している人であり、研修時間は230時間を要しての取得となります。研修内容は主任ヘルパーとしてチームの運営や、中心となって指導・指示を行えるように基幹的ヘルパーの研修をすることとなります。

実務内容はサービス提供責任者として、ホームヘルプサービス事業所(訪問介護事業所:市町村などの社会福祉協議会や農協、生協、医療法人、社会福祉法人、営利法人、NPOなどを括った名称)での後輩にあたる介護士の育成指導となります。なお、この1級を取得した人は3年置きに継続研修を受講する必要があります。

2級課程

ヘルパー2級を取得するにはホームヘルプサービスを行っている事業所で働く人と、そこで働く予定の人を対象とし、130時間の研修時間が必要となります。研修内容は事業所で働くための基本となる研修です。一部自治体によっては、特例としてこの資格を有していれば実務経験に関係なく、1級課程を受講できます。

業務内容として在宅介護を利用している人などに対して家事手伝いや身体介護を行え、2級取得後は実務経験を3年以上積むことで介護福祉士の受講資格を得ることができます。2級取得者は取得した時点でガイドヘルパー(知的障害専門のみ)と福祉用具専門相談員とるため、事業所の相談員として従事することもできます。

3級課程

勤務時間を長くとらない非常勤ヘルパーとして働こうと思っている人、訪問介護事業所にヘルパーとして登録をする人やその予定の人、また福祉公社などに協力する人などが50時間の養成研修を受講し、取得します。研修内容は介護事業所へ入門するための研修となっています。

業務内容は在宅介護を利用している人に対して、訪問介護で家事援助ができますが、平成21(2009)年に介護報酬が廃止、撤廃されるほうへ進んでいますのでヘルパー3級の就職は困難なものとなっています。

ヘルパー取得の条件が変わる!? 〜 介護職員基礎研修 〜

介護職員基礎研修を修めることによって、2級取得者と同じ職務を行うことができ、介護福祉士の受験資格取得にも繋がります。また研修を修了した人は2級取得者と同等扱である、訪問介護員の任用資格を取得できます。取得後に訪問介護事業所にてサービス提供責任者としてヘルパーへの指導、訪問介護計画の作成を行うことができます。

介護職員基礎研修は平成24年からヘルパー1級課程が統合される予定ですが、職員不足などもあり、2級課程は当分の間、存続の方向で進んでいます。平成23年度までは訪問介護員養成研修が実施されますが、24年度以降は1級課程の取得がなくなり、介護職員基礎研修を取得することになります。また最終的に介護福祉士受験資格を取得するためには、この介護職員基礎研修を受講しなければならない方向に進んでいます。

ホームヘルパーと男性職員

そのホームヘルパーの中には男性の人もいませんか?

介護における男性職員のというのは数年前まではほとんど居なく、初めのうちは女性利用者が羞恥心のために男性職員を拒む傾向にありました。しかし近年に至っては、介護が力仕事ということ、また男性職員と接することにより気持ちが若返るということもあり、男性職員が求められるようになりました。男性においても、看護・介護は女性の仕事から男性も行う仕事と認識されるようになり、手に職を求められる現代では医療や介護の資格を取得する人が増えています。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他