ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

高齢化社会が進み、福祉施設への入所人数が多く、入所待ちや在宅における介護が増えています。介護を必要としている人が増えている中で、自宅や福祉施設にある、段差や凹凸などの改修を行い、過ごしやすくする為のお手伝いをしてくれるのが福祉住環境コーディネーターです。

一体なにをコーディネートするの?

住宅に関する専門家である福祉住環境コーディネーターは、自宅や福祉施設で介護を受ける人が今まで通り、またはそれ以上の生活を送ることが出来るようにするバリアフリー等の住宅改修や情報を提供しています。その人や家族のニーズに合わせて、関係のある医療関係者や、福祉の分野からはケアマネージャーやソーシャルワーカー、住宅建築に携わってくれる工務店や住環境を整備してくれる事業所など、各分野の関係者が住みやすい環境へと調整してくれ、また改修後もアフターサービスとして相談等に乗ってくれます。

福祉住環境コーディネーターの業務

介護・福祉・福祉用具・医療・住宅改修という、住宅建築・改修のみでなく、医療・福祉までと広い知識を持ち合わせ、本人の生活に関する基本的な情報や身体の障害の状況などを考慮した上で、どのような住宅が住みやすいのかを関係者と相談し、快適に過ごしやすい環境を造り出します。

現在はバリアフリー住宅を扱う建築事業所が増え、その中で福祉住環境コーディネーターの資格を取得することで、建築時(新築・改修)に役立てるという事業所も出てきました。福祉住環境コーディネーターは環境造りのみでなく、福祉や介護保険サービスに関する情報の提供、福祉用具や介護用品などの利用法などを教えてくれます。

バリアフリーとは

バリアフリーとは建築用語からきたもので、直訳すると障壁を除くという意味があります。生活に支障をきたすような障害物や段差などを取り除くという意味で、介護や医療、建築などの業界において、幅広く用いられている用語です。

資格取得に挑む

福祉住環境コーディネーターは受験資格を持たない民間資格です。1〜3級まであり、2・3級については同時受験が可能となりますが、1級は2級の資格を有していないと受験できません。

1級

2・3級の知識を持ち合わせ、その知識の活かし、新築住宅や住宅改修についてのプランニングが行うことが出来ます。地域に根付いた快適な街づくりへの企画参入など、広い視野を持ち、多方面からの活動を行える行動力が求められます。

マークシート方式と記述式問題で、100点満点中70点を正解とすることで合格となります。時間制限としては各2時間ずつ、マークシートに2時間、記述問題に2時間の計4時間となります。

2級

3級以上の知識を持ち、さらに確実な知識を身に付けることで、3級の資格と住環境等の知識を業務に活かします。各事業所の関係機関と連絡を取り合い、解決策を模索、解決案を提供できるような能力が必要とされます。

問題はマークシート方式による100点満点問題です。そのうち70点以上の正解で合格、制限時間は2時間となります。

3級

住環境と福祉に関する基礎知識について、どの程度理解しているかの確認が行われます。マークシート方式の出題方法で、制限時間は120分、100点満点のうち70点以上の正解数で3級合格となります。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他