ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
管理栄養士,栄養士

管理栄養士

国家資格の一つであり、厚生労大臣より認定を受けて、名称独占の資格にて管理栄養士と名乗ることが出来ます。その名称の元に栄養士法第1条第2項において、療養の必要な疾病患者への栄養指導、患者のニーズに合わせた情報の提供を専門知識や技術を持って行い、健康の保持・増進を狙います。管理栄養士が福祉施設等の毎日食事を提供している場に従事している場合は、利用者の健康状態やケース毎に適応した食事管理など、各施設において栄養改善の必要性があればそれの指導を行うことを職務としています。

栄養管理士と栄養士の違いはどこに?

栄養士に管理という言葉がくっついただけのように思えますが、その違いはどこになるのでしょう? まずはその違いから見てみましょう。

栄養士

都道府県知事により認定を受けた知事資格です。栄養士は調理に携わり、その場において指導する食事管理と、食生活と健康について、その人にあった指導をする栄養指導という2通りの職務があります。栄養士の従事する場所としては病院や老人福祉施設等の医療・福祉機関、児童施設や学校などの教育機関、保健所などにおいて広く栄養指導を行っています。

管理栄養士

厚生労働大臣による認定を受けた国家資格となります。その名称を扱い、病気に罹患している人へ適切な栄養指導等を行います。栄養士よりも高レベルな専門知識と技能が要求されます。栄養士との業務内容に違いがあるかと言われれば、そこまで大きな違いがあるわけではありませんが、管理栄養士は病気を患っている人を対象とした栄養管理・指導であり、栄養士は健康である人に対しての給食管理・指導となります。従事する事業所は栄養士と変わりありません。

管理栄養士の業務内容とは

管理栄養士と栄養士の業務内容や従事する職場はほとんど変わらず、差はありません。

病院

食事による栄養面からの疾病治療、疾病により引き起こされる合併症や再発の防止を目標に、入院患者の栄養や食事などの管理・指導を行っています。

学校

教育機関おいて学校給食等の管理を行います。小中学校および特別支援学校、また夜間の定時制高校に通っている人たちへ提供する食事管理となります。管理栄養士は教育委員会にも勤務し、行政面からも学校給食について指導を行っています。

福祉施設

高齢者の老人福祉施設に限らず、障害者の施設や乳幼児を扱う乳児院に給食や栄養管理の目的のために勤務しています。

矯正施設

過ちを清算する場所である拘置所や刑務所(少年院を含む)で過ごす人たちに、給食を通して、被収容者たちの栄養管理や改善を行っています。

防衛施設

自衛隊や防衛施設に従事し、野外訓練や災害よる出動時などにおいて、隊員の食事管理や栄養指導を行います。

管理栄養士を取得する条件とは

厚生労働大臣の指定した管理栄養士養成施設において、4年間の基礎課程等を修め、卒業した人、栄養士養成施設(大学・短大・専門学校)において栄養士の資格取得し、厚生労働大臣により指定された施設で実務経験を積んだ人たちが管理栄養士の受験資格を取得することが出来ます。受験資格獲得後に国家資格を突破し、合格することにより、管理栄養士として医療・福祉機関や教育機関などに従事することが出来ます。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他