ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
柔道整復師

柔道整復師

自分の自宅付近に整骨院などはありませんか?
柔道整復師とは脱臼/打撲/骨折/捻挫/挫傷などの骨に関する専門家のことです。「整骨師」や「ほねつぎ」、「接骨師」という、私たちが骨の先生と自覚している人たちのこと柔道整復師といいます。

柔道整復師の扱う業

柔道整復師は柔道整復術という技術にて損傷部位の治療を行ってくれます。古くからこの日本に伝わる医療技術として現在まで受け継がれてきました。日本伝統の武術である柔術を用い、傷病者を治療・回復させてきました。時代は遡り、明治時代を迎える頃になると東洋や西洋などの外国からの技術がこの柔道整復術と融合して、整体技術が発展しました。

今の時代に移り変わっても、その技術は失われることなく、運動や活動時に必要とされる、骨筋/靭帯/関節/腱などの脱臼/打撲/骨折/捻挫/挫傷という怪我において、外科的治療を用いず、体の内側から自分の細胞が自然治癒を行うのを待ち、それによって正常な状態まで回復させる、非観血的療法という治療を行います。骨をくっつける固定や外れた関節などを元に治す整復、柔道整復術においての手技療法、物理療法や運動療法を用いて、患者の自然治癒力を最大までに引き伸ばします。

開業医の業務内容

この資格は医療資格の中でも多くない独立開業権を得ることができるので、それを目指して資格を取得する人も少なくないようです。また一対一の仕事であり、来院した患者の治療法は全て自分で決定できるので、一人ひとりに合った治療法の選択をすることができます。

開業医のみでなく、柔道整復師は総合病院などの各医療機関等の整形外科に従事することが出来ます。病院などの勤務では患者への治療の選択権はなく、医師や理学療法士からの指示に従った診療の補助やリハビリの指導を行ったりしています。しかし病院での勤務には利点もあり、レントゲンやMRIといった医療機器を扱うことが出来るので、病院に従事した後、独立して開業医として働いたときには病院で得た様々な知識を活用し、来院患者に提供することができます。来院患者層は若年層から高齢者層までと多くの患者が訪れます。

また開業医や病院など臨床で5年間、柔道整復師として従事することにより、ケアマネージャーを取得するための受験資格を得ることが出来ます。

接骨

外部からの衝撃などで外れた関節を元の位置になるように治療(ほねつぎ)したり、強い衝撃が加わったことで折れた骨をつなぎ治したりすること。

整骨

接骨と同意。折れたり、外れた骨や関節を自然な状態に戻すこと。

整復

外部損傷により折れた骨や関節の脱臼などを元のように治すこと。

固定

決定した位置から動かさないようにすること。疼痛の緩和、転倒の防止のために整形外科などで用いられるギプスやテーピングで固定すること。

柔道整復師の資格を取得したい

柔道整復師への受験資格が当たれられる人は、文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定する学校で3年以上をもって卒業した人。その課程の中で柔道整復師として必要な履修科目や知識を修め、卒業した人が受験資格を獲得できます。試験は四者択一の筆記試験となります。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他