ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
作業療法士,OT

作業療法士

リハビリテーションセンター等の臨床などに従事する、理学療法士や言語聴覚士とならぶ国家資格です。「理学療法士及び作業療法士」という、理学療法士とともに法律で制定されていて、身体および精神の身体機能等に障害を負った場合、それの維持・回復を促進する指導・治療・援助を業としています。また、作業療法士は「OT:Occupational Therapist」と呼ばれることもあります。

作業療法士が行う業務

作業療法士には障害を持った人へ行う役割がいくつかあります。

筋力の向上

障害が生じた部位などは使わないと衰えてきます。そのために衰えた筋力の向上・維持に努める治療、指導を行います。

指先の動作を改善させる

麻痺などの障害により、抹消の指先などで行う作業や動作が難しくなります。それらを改善するために手芸・園芸・工芸等を用いて、指先の訓練を行っていきます。

メンタル面の状態を安定させる

指先の訓練により仕上がった、手芸品や工芸品などによりやりきったという達成感や、それに伴って集中力の持続、これらは抹消神経の機能回復や再度達成感を得ようとする次のステップへのやる気や自身にも繋がっていきます。またメンタル面の安定を図るのにも効果的とされています。

作業療法士の活動領域

これらの業務は病院(精神病院を含む)や各障害者施設、デイサービスや介護老人福祉施設、社会福祉施設等で行われ、また作業療法士はそこに従事しています。

身体障害での活動

障害もなく誕生した後に、病気や事故により生じた障害に対してADL(日常生活動作)の向上を目的とした訓練を行います。普通の生活を送る上で必要な着脱衣や、靴を脱ぐ・履くなどの生活訓練です。これらは末梢神経損傷、筋萎縮性側策硬化症、慢性関節リウマチ、変形膝関節症などの障害を負った人などに行われます。

精神障害での活動

身体機能における各諸機能に異常はみられることはないが、社会生活を送るにあたり、一部異常行動がみられるような人に対し、手芸や園芸などを通して自閉的な生活から、社会でも生活できるように改善していきます。統合失調症や神経症、アルコール依存症などに行われています。

発達障害での活動

持って生まれてきた遺伝的な障害や、生まれた直後になんらかのハプニングがあり、それにより生じた障害です。成長する過程の中で必要な知識や社会性、身体能力などを遊びを介して教えていきます。脳性麻痺、自閉症、ダウン症などの障害児に行われます。

作業療法士への道 〜 専門学校

作業療法士の受験資格を得るには、文部科学大臣または厚生労働大臣から指定を受けた専門(養成)学校等で3年の修業課程を修了し、卒業しなければなりません。また海外の学校を卒業し、作業療法士免許を獲得した人、厚生労働大臣が指定した専門学校の人と同レベル以上の知識と技術を認められた人が受験資格を得られます。

試験の実施内容に関しては理学療法士と同じく、筆記試験・実技試験・口述試験となり、試験回数も一年に一度となります。詳しい試験内容や案内については、地方厚生局および地方厚生支局の管轄の試験となりますので、そちらにお問い合わせください。

資格取得後の収入

理学療法士と同じ法律で定められている作業療法士は、収入の面においても同レベルと言えます。また一概に理学療法士と全て同じとは言えず、こちらも従事する事業所にもよりますが、断定はできないのでおおよその収入と思っていただきたいです。

一年の平均年収

300〜400万くらいです。これはボーナス(年間賞与額)が含まれた収入であり、一年に支給されるボーナスは2回ほどで、約63万円となっています。

一月の平均月収

月に支給される収入も理学療法士と同等で27.5万円くらいとなっています。サラリーマンに支給される給料と同じくらい、またはそれよりすこし少ない位でしょう。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他

関連リンク