ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
理学療法士

理学療法士

理学療法士とは厚生労働大臣に指定された病院や介護老人福祉施設、リハビリテーション施設、介護保健福祉施設等に従事し、日常動作の基本的能力を回復・維持できるように医学・科学的根拠に基づいたリハビリ提供する専門家であり、法で制定されている国家資格です。医療従事者の間では「PT:Physical Therapist」と呼ばれています。

科学的根拠に基づいた医療とは

何らかの影響により、身体に障害を持っている人や残った人などに電気刺激や治療体操などの物理刺激を与えることによって、その人の日常動作や基本的動作の回復・維持に努めることを業としています。

日常生活動作訓練

日常生活にはかかせない、生活内の動作(着替え、排泄、入浴、食事)を自分の能力を最大限に活かして行えるようにする、指導と交えた訓練を行います。

電気療法

神経麻痺や神経痛などに専門の機械を用いて、身体に低周波などの電磁波を与えることで、血流の促進や疼痛の緩和、萎縮を防ぐ効果をもたらします。

運動療法

体の関節可動域の拡大を狙った運動です。体を捻ったり、屈伸させることで固まってしまっている障害部位の筋肉をほぐす効果が得られます。

資格取得には養成学校の卒業が必要

国家資格である理学療法士の資格取得方法は厚生労働大臣指定の養成学校(専門学校)、大学、短大、夜間学校での課程を修了させる必要があります。

取得に必要な課程年数は3年と決められており、専門学校や短大においても3年制の課程を修めることが義務付けられています。また大学については4年制となっています。海外の学校において理学療法士の免許を取得した人で、厚生労働大臣が指定した学校の人と同レベル以上の専門知識があると認めた人。

それらの養成学校を卒業した人たちが作業療法士の資格受験が可能となりますが、一年に一度実施される筆記試験ならびに実技試験や口述試験をクリアしたひとが合格とされ、認定証が交付されます。

資格取得後の就業場所

リハビリテーションには定番と言っていい病院や、リハビリテーションセンター等の医療機関、デイケアセンターや老人福祉施設等の福祉施設、また在宅においての訪問リハビリテーションも行っています。医療福祉のみならず、他分野ではスポーツジムでのインストラクターやスポーツトレーナー、理学療法士の養成学校での教員や研究所で理学療法が与える効果的な影響の研究に携わるなど幅広く活躍しています。

理学療法士の収入

もちろん従事する就業場所によっても違いがありますので、これが確実な収入金額だというご紹介はできませんが、このくらいが理学療法士の給料だと思っておいてください。医療従事者および福祉従事者は収入が良い職種のように思われていますが、飛びぬけて良いものではないようです。

一年の年収(平均として換算した場合)

やはり就業場所にもよりますが、大体300〜400万円です。年収にはボーナス(年間賞与額) が含まれていて、年に2回程度支給される額は63万円程です。

月の収入(月収を平均的に見た場合)

一般的には27.5万円くらいが平均的な月収となっています。一般企業の会社員と同等または少々劣る程度かもしれません。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他