ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
ケアマネージャー,試験,受験資格

試験の概要

医療・福祉または保険の分野において、知識と技術を持ち合わせてあわせた、専門職であるケアマネージャーですが、受験資格には定められた実務経験を必要とします。受験資格に関しては実務経験が年数(日数)として定められていて、それをクリアすることで受験資格が得られます。

受験に必要な条件とは 〜有資格者・無資格者〜

有資格者が受ける場合と、無資格者が受験する場合とで法律で定められている実務経験年数が変わってきます。しかし、下記に記載した受験資格以外にも都道府県により異なる場合がございますので、詳しくは各都道府県にお問い合わせください。

国家資格を有する受験者

社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、保健師、薬剤師、助産師、医師、看護師、准看護師、歯科医師、歯科衛生士、視能訓練士、作業療法士、義肢装具士、理学療法士、言語聴覚士、きゅう師、あん摩マッサージ師、柔道整復師、はり師、栄養士(管理栄養士)が該当します。以上の有資格者は臨床にて5年間以上(従事日数が900日以上)の実務経験を必要とします。

介護資格を有する受験者

医療・福祉事業所の開設する施設などに配置される、生活指導員・生活相談員・児童指導員等の相談援助業務従事者、また法律に制定されている訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)や社会福祉主事の課程を修めた人が該当します。上記に記載されている有資格者は実務経験として5年間以上(従事日数が900日以上)を必要とされます。

無資格の受験者

たとえ資格を有していなくても、身体障害者福祉法/老人福祉法/生活保護法の法律で決められている、身体障害者授産施設や特別養護老人ホーム等の施設において、介護者として従事した人が10年以上(従事日数1800日以上)の期日を全うした場合において受験資格を取得することが出来ます。

ケアマネージャーの受験内容

資格試験に当たって気になるのは、受験方法とその中身である受験内容ですよね。受験案内、試験内容、試験方法、合格基準とここでは受験に関する知識が書いてあるので、受験に役立てていただけたらと思います。

受験案内から始まります

まずは案内を詳しく知りましょう。

1)配布された受験要項をもらう

受験に際して詳しい記述が記された受験要綱が6月に入った頃から配布されます。配布先は都道府県や試験実施団体、市町村の役場、社会福祉協議会、保健所、医師会または看護師会ですので、そちらで入手してください。

2)受験申し込み期間に申し込みましょう

申し込み期間は5〜8月頃で、受付は郵送による申し込みとなります。

3)申し込み方法

写真1枚(たて3.5cm×よこ3.0cm)/受験申込書/実務経験証明書/実務経験見込証明書/戸籍抄本/欠格事由申出書/社会福祉主事任用資格/特定の国家資格/訪問介護員2級課程修了を証明する書類が必要となります。受験申込書には従事場所や職業、受験資格においてはコード番号も記入することになっています。

受験料は各都道府県に差がありますが、6,000円から10,000円くらいです。それを専用の払込票でコンビニエンスストア(郵便局や銀行などの金融機関では取り扱っていないのでご注意ください)から振込み、払込受領書を受験申込書と一緒に送付します。受験料を支払った後、受験一週間前に受験票が届きます。

5)ケアマネ受験日

受験日は全国統一となっていて、10月の第4日曜日の午前10〜12時に開始されます。

試験内容を知っておきましょう

問題はマークシート方式で、介護分野・保健医療福祉サービス分野、また要介護認定および要介護認定に関する基礎的知識と技能、施設サービス計画に関する基礎的知識・技能、介護保険制度に関する基礎知識、居宅サービス計画から合計して60問出題されます。出題方式は五肢複式方式(選択肢の中に正解が複数存在する)、五肢択一方式(5つの選択肢の中から正解の回答を1つ選ぶ)となっています。

出題される分野は介護分野から25問、保健医療福祉サービス分野から、保健医療サービスの知識等の基礎を15問、保健医療サービスの知識等の総合を5問、福祉サービスの知識等を15問となっていますが、特定の国家資格を持つ人は専門分野についての問題が免除されますので、各都道府県にお問い合わせください。

有資格により回答が免除される者

受験日は全国統一となっていて、10月の第4日曜日の午前10〜12時に開始されます。

歯科医師、医師

保健師、看護師、准看護師、薬剤師、助産師、歯科衛生士、視能訓練士、理学療法士、義肢装具士、作業療法士、言語聴覚士、はり師、あん摩マッサージ師、柔道整復師、栄養士、栄養管理士

介護福祉士、精神保健福祉士、社会福祉士

解答の免除問題 ○…免除 ×…受験
保健医療サービス基礎 保健医療サービス総合 介護支援分野 福祉サービス 要回答数 試験時間
× × 40問 80分
× × × 45問 90分
× × × 45問 90分
甲・丙 × 25問 50分
乙・丙 × × 30問 60分
上記以外 × × × × 60問 120分

甲乙丙を持っている場合は、甲丙と同じ条件になります。甲乙の場合は甲と同じ条件となります。

合格ライン

合格基準は各分野において、厚生労働省が合格ライン以上の正解数でケアマネジャー合格となります。基本的には各分野とも8割以上が合格ラインと思ってください。合格発表は12月上旬に受験者に通知され、その中で合格者には実務研修受講案内が送られます。合格者に発想された実務研修受講案内は、試験修了後1年以内に合計35時間以上の実務研修を受講し、その研修が修了されれば証明書が交付されることとなっています。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他