ケアマネージャーを真剣に目指す人へ【ケアマネ全書】
給料,年収,ケアマネージャー

給料・年収

たくさんの家庭や介護事業所との橋渡し、ケアプランの作成、多忙を極めるケアマネージャーですが、それに見合った収入をもらえているのか待遇が気になりますよね。これから資格取得したい、資格を取るかもしれないから知っておきたいという人は是非ともこのサイトを通して知って行っていただきたいです。

ケアマネの労働に対する給料は?

ケアマネージャーの月収は25万くらいですが、勤務地域によって差があります。ケアマネの収入に関する全国調査(2004年)が行われたところ、全体の27.4%が21〜25万円と多くを占め、68%以下が30万円以下という報告がありました。

有資格者たちの希望収入としては26〜30万円と、現実とは5万円程度の希望差があるようです。平均年収としては約380万円(2008年調査)となっておりますが、毎月支払われる給料は同じ額というわけではなく、年収も変動してきます。

またケアプランを作成した件数によっても変わってきます。ケアプランは1件につき1万円〜1万5千円となっており、作成件数によって収入に反映されます。

さらに言いますと、この仕事だけで生活を営んでいる人は多くいません。やはりケアプランの作成には時間と根気がいりますし、利用者さんへの家庭訪問もあります。ですが収入が少ないので、その他の資格(社会福祉士、介護福祉士、薬剤師、看護師)などを活かして、平衡してケアプランなどの仕事を行っている人が多いようです。

ケアマネに憧れる人への情報提供

ここで一つ、ケアマネージャーを取るに当たって、頭の片隅に置いておいて欲しいのが、現在ケアマネージャーとして働いている人たちも、多忙な仕事量にまいっているということです。こんな話をして不安に思う人が居るかもしれません。ですが、資格取得を諦めることを勧めているのではありません。資格を取得するに当たって、現役ケアマネージャーの声を少しの参考になればとご紹介させてください。

人と接するのが好きだから、話すのが楽しいから、誰かの役に立ちたい、手助けをしたいから・・・と、ケアマネに必要な素質として大事なものが挙げられています。ですが、それだけでケアマネになるのでは資格を取得して働いた後に考えさせられてしまうようで、更新性となった今では資格の更新を考えてしまう人もいるようです。綺麗な仕事でも、楽な仕事でもありません。

飛躍して収入や待遇が良いものでもなく、ただただ業務に押し流されて、人間関係に悩む毎日を送っている人、介護制度の法改正により自分たちのペースで行っていたモニタリングなどを指定されたため、書類作成に追われ、息苦しい現状が更に悪化した状態の人、まともに利用者との関わりを持つ時間がないなど多くの声があります。

ケアマネに訪れる希望と矛盾

ケアプラン作成をすることは利用者にとってはとても意義のあることですが、ケアマネにとっては利用者がサービスを受けることによって、身体の状況が快方に向かうわけでもなく、ただ状況を維持するためのプラン作成なのです。このプランによって、元気になってくれるかもしれないという希望を抱いても、どこかで理解し、また悩んでしまうようです。

利用者の笑顔を力に頑張る

上記のようにケアマネという仕事をしていると、多くの矛盾を感じている人が多いですが、このサイトを目にしてくださった皆さんのようにこの仕事にやりがいや魅力を感じているのも事実です。収入は少なくとも、やりがいや利用者の笑顔という魅力のある職業です。

利用者を含むその家族は心から介護サービスを必要とし、また相談に乗ってくれているケアマネージャーを必要としているのです。ケアマネ1名につき50名までの利用者を対応することができ、とても大変な職務ですが、ケアプランの実行により、それが利用者にとって質の良いプランであった場合、とても喜ばれます。そのことが何よりも嬉しいと感じるケアマネージャーも多く、利用者とその家族から贈られる感謝の言葉、それを支えに頑張っています。

ケアマネの需要が止まらない

ケアマネージャーは非常に求人の多い職業ですが、比例してなかなかに募集が埋まらないことがあります。介護制度の改正に伴い、ケアマネの配置が必須とされるようになった施設においてもケアマネ不足により、求人募集には常に掲載されている職業です。

また、地域や介護支援事業所により収入の差が違ってきますが、いま団塊の世代の人たちがどんどん高齢化していて、それと共に介護施設も年々増加傾向にあるので、就職には困らない職種といえます。

法で2000年に介護保険制度を定められてから10年が経ちましたが、それまでの間には「認定ケアマネージャー」という、ケアマネの資格を有してから3年以上の実務経験があり、資格の更新を行い、2年以上日本ケアマネジメント学会に登録しているひとが受験資格をもらえます。

現在のケアマネの中にはマネジメント能力のレベル低下により、利用者にあったケアマネジメントを行えない人もいる為、スキルを向上の目的、また一定の水準に引き上げ、そのラインに合格したケアマネを「認定ケアマネージャー」と認定しています。

このようにケアマネジメント能力を認められることで、更に知識の幅やスキルの向上が見込まれます。この資格を取得することで更に需要が大きくなると思われます。

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他