• <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • 【ケアマネージャーの業務】こんなお仕事をしています
  • 【給料・年収】気になるケアマネージャーの収入について
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • 【三福祉士】社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士
  • 【理学療法士】仕事内容や養成学校について
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他
  • 【ホームヘルパー】需要の高い訪問介護員
  • 【社会福祉主事】自治体で活躍するケースワーカー

  • <ケアマネージャーって何?>資格取得・仕事内容・就業場所・給料/年収
  • <受験資格のある国家資格>ケアマネージャー試験概要、他
  • <ケアマネ関連資格>ホームヘルパー・福祉用具専門相談員、他

ケアマネージャーになりたい人が読むページ

高齢になるに連れて病気になるリスクが高まり、脳や心臓に関する病気になると麻痺が出たりと障害度が重くなります。今や団塊の世代が高齢を迎え、障害をきたしている人が大多数を占めています。
しかし障害を持っていても、入所したい人たちの人数に介護施設数がついて行けず、もっとも必要とされる介護を施設等で受けられないというのが現在の現状です。介護施設は障害度の重い人を優先的に入所させるので、比較的軽い人たちは介護サービスのデイケアやショートステイを利用したりします。
また介護を必要とする人が、介護をするような老々介護を行っている家庭も少なくありません。ケアマネージャーはそんな人たちの負担を少しでも軽くするため、介護保険制度のエキスパートとして、介護保険をフル活用できるお手伝いをしてくれる人なのです。ですが今現在、多忙を極める介護職やケアマネージャーの人材が多く必要とされています。

ケアマネ資格がどのようなものかをより深める

ケアマネに必要とされる素質に「コミュニケーション能力」「利用者の主体性の尊重」「利用者の人権の尊重」「社会的責任」「個人情報の保護」「中立の立場」「公平性を持つ」というものがあります。

人対人の世界である医療・福祉界では的確な判断を求められ、一瞬の判断ミスが利用者の命に関わったり、今後の信頼関係に支障をきたす結果になります。ケアマネの素質も同じく、的確な判断をできる人が求められています。

コミュニケーションは利用者との信頼関係を築く手段であり、主体性の尊重は利用者の主張に耳を傾けること、人権の尊重は利用者の人権が侵されることのないように見守っていくこと、社会的責任は利用者との距離をしっかりと確認しながら利用者の利益向上に努めること、個人情報の保護は利用者に関する情報を漏らすことなく守秘すること、中立の立場は利用者と介護事業所などの間に介入した際にどちらの意見もしっかりと聞き、意見できること、公平性は多くの家庭を受け持つケアマネージャーが一つの家庭のみを重要視しないことなど、ケアマネに求められる素質や、資格を深めて見たときにこのように多くの内容があることを知っておきましょう。

介護保険制度におけるエキスパート

改正を繰り返すごとに介護保険制度の新しい知識を覚えなければならないケアマネージャーは最先端の知識を活かし、利用者に適した情報の提供を行っています。

難しい介護保険制度は専門の知識を積んできたケアマネージャーにとって得意分野といえるものです。要介護者が介護保険サービスを利用する・しないに関わらずに納める介護保険料の納付料金や納付方法を分かりやすく教えてくれます。

ケアマネージャーが関わる多くの国家資格者

介護分野はもちろん医療機関との関係性が大事となります。一人の利用者が介護サービスを利用するのには多くの有資格者との連携などが重要となってきます。介護のケアプランを作成するのがケアマネージャーの仕事ですが、その全ての決定権がケアマネにあるわけではないのです。

医師や看護師、リハビリに携わってくれる作業療法士や理学療法士などの医療従事者や交通の便を扱っている介護タクシーなどの各機関やその手のプロである国家資格者との連携が重要な位置を占めているのです。

  • 【試験の概要】ケアマネージャーの受験資格について
  • 【育児介護休業法について】平成21年改正(22年施行)の概要
  • 【介護保険制度について】被保険者とは・介護保険料について

2016年08月31日
一部ページのケアマネコンテンツを修正しました。
2010年8月10日
ケアマネージャーの参考リンクを4件追加いたしました。
2010年8月10日
ケアマネージャーサイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。